« 新白河駅そばでパスタランチ「プラネット」 | トップページ | 下郷の会津ジイゴ坂学舎で郷愁とカレーを味わう »

2016年9月22日 (木)

本格スープがしみる「らーめん厨房ケラン」郡山

Dsc_0027
 
ラーメン厨房ケランは、4号線バイパスから西側に入った郡山市郊外にあり、多少分かりにくい場所ながらいつも混んでいる人気店です。ご主人(大将というよりご主人、そして品のいい奥様が厨房にいらっしゃいます)は、フレンチ出身ということで、ポロネギラーメンなど洋食の香り漂うオリジナリティあふれるメニューが目を引きます。
今回いただいた醤白ラーメン(650円)もそんな一品で、塩ラーメンのような透明に近いスープを味わうと確かに醤油の香りが漂い、一見矛盾した名前は本当なのだと納得します。
 
Dsc_0029
 
店内は高いカウンター席から、厨房が見渡せるつくりなので、浅い大鍋で麺をゆでている様子がわかり、ご主人の端正な仕事ぶりが確認できます。しみじみおいしい女性にも好まれる味だと思います。

(2016年8月に訪問)

らーめん厨房ケラン

住所:〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井火口内56−10
電話:024-946-7750
定休日:木曜日

駐車場:有(店の前と脇に合わせて10台分くらい)

おもしろさ★★★★☆ 味★★★★☆ ボリューム★★★☆☆

|

« 新白河駅そばでパスタランチ「プラネット」 | トップページ | 下郷の会津ジイゴ坂学舎で郷愁とカレーを味わう »

ラーメン」カテゴリの記事

203 郡山市安積町(中華)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本格スープがしみる「らーめん厨房ケラン」郡山:

« 新白河駅そばでパスタランチ「プラネット」 | トップページ | 下郷の会津ジイゴ坂学舎で郷愁とカレーを味わう »